So-net無料ブログ作成

人民元口座開設 [中国]

先週、香港上海銀行の営業時間の壁に
敢え無く撃退された人民元口座への挑戦
の続編である。

平日の昼間は町外れの工場に出勤しているので
手も足も出ず、とりあえずJaminからの住民票待ち。
その住民票が先週の金曜日に到着しました!

そこで、週末の口座開設に成功した前例に習って、
週末に香港上海銀行に再出撃した。

まずは、前回と同じ上海分行へ。
全く人影もなく、再度敢え無く撃退された。

次に、上海雑技団のチケットを買うついでに、
上海商城支行へ。ここもやはり、人影なく空しく
引き返した。

そして最後に、昨日の烏鎮旅行の帰りに
地下鉄を途中下車して香港広場支行へ。
銀行は閉まっていたが、ATMが開いていたので
入ってパンフレットを見ていたら、
後から銀行員に「何か御用ですか?」と声を
かけられた!!

そこで、「人民元口座を開設したい」と言うと、
「じゃあこちらへ」と別室に通されて、そこから
話がトントン拍子に進展していった。
しかし、「人民元口座の申請書を書かないと
いけないが、平日しかできないのでもう一度
来れないか」と言われて、「やっぱり平日か…」
とガックリきた。その時、「夜7時半でいいよ」と
言ってくれたので、18時に会社を追い出されるので
楽勝!と息を吹き返し、その夜は引き揚げた。

そして今晩、予定通り?18時に会社を追い出されると
その足で香港広場支行へ。銀行員に「お待ちしてました」
と迎えられ、
日本円や米ドルで新口座に送金して人民元
に換える話をしたら、人民元と外貨の口座を両方作ってくれた。

しかもテレホンバンキングやインターネットバンキングにも
対応しているので、日本からの口座管理もとっても便利。

口座維持のコストとしては、
・常時口座にUS$2000相当の金額を残すこと
・1回の取引の手数料が55RMBかかる
・外貨→人民元の換金で手数料が0.25%かかる
があるが、これは日本の銀行に比べて格安なので
OKした。

こうして、目出度く?人民元口座開設の任務完了!
1ヶ月以内にUS$2000を送金すれば出来上がり。
これで人民元の切り上げを待つばかり。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(5) 
共通テーマ:株・投資(旧テーマ)

nice! 0

コメント 2

まるぴょん

ばっちりなタイミングできりあがりましたね。私も行けばよかったなぁ。うらやましい。
もうちょっときりあがると思いますので、追加投資するなら今のうちではないでしょうか?
(しかし、2%という上昇幅も、一度に外貨を引き出されないようにするため、と考えるとうまいこと考えたなぁ、という感じですね・・・。恐るべし人民銀行)
by まるぴょん (2005-07-22 09:09) 

ZBPたっちん

わたしも2005年4月に人民元口座開設に行ってきましたよ。私の場合書類の不備等で大変な目に合いましたが、何とか口座を開くことができました。その模様をHPにしましたのでよろしければ読んでください。よろしくお願いします。
by ZBPたっちん (2007-07-11 11:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5